忍者ブログ

成婚率が重要!結婚相談所選び

日々の事  奥さんの薙刀大会



 日曜日は奥さんが薙刀の大会に出ていた。都の大会だったようで、三人一組の団体戦である。基本的にはシニア中心で、女性ばかりだそうだ。
 
 そのなかで奥さんの八王子は一回戦負けすると思われていた。というのも、一回戦で当たる相手が三段の高段者で(奥さんは初段)、まず勝てないだろうと思われていたのだ。
 ところが! なんとその相手に奥さんが一本先取、そのまま時間切れで勝ってしまったらしい。他の二人も調子よろしく、相手の目黒に勝ったのだそうである。

 続くニ回戦目でも、どうしたわけか奥さんは二本先取で勝ってしまった(どうしたもないが)。しかしこの時はチームメイトが体調悪く、八王子は負けてしまう。
 しかしその相手の三鷹は、その後目黒に負けてしまったとかで、ポイント判断で八王子は勝ち上がり。驚いたことにベスト8まで行ったのだそうだ。

 …いや、八王子の他のメンバーには悪いが、ほんとにうちの奥さんなぞが、こんな僥倖を受けていいものか、何かバチでも当たるのではないかと思う次第である。
 しかしその次の奥さんの相手は、シニアの部でも日本一かなんかになった選手だったそうだ(お年は結構、めされてるそうだが)。この数段、格上の相手に、なんと善戦してノーポイントで判定まで持ち込んでる。そこで判定負けし、チームもそこまでだったそうだ。

 奥さんの話では、その相手は「年に似合わぬ達者な体捌き」で、「間合いを完全に殺されていた」という。何時の間に、こんなナマイキな口をきく嫁に!
 …ヤバイ、前から薙刀相手は苦手だが、これでは得意の得物を(僕は剣、奥さんは薙刀として)持って勝負しても勝てないかもしれない。これでは旦那様の威厳がモニョモニョ…(普段、フェミニストぶってる割にこれだ)。

 まあ、普段、おドジな奥さんも頑張ってきたという事で、僕もウカウカしてはいられないと思った。そろそろ組み技から、本気で武器(剣)に戻るべき頃合かもしれない。そんな事を考えて寝た、昨日の夜である。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R