忍者ブログ

成婚率が重要!結婚相談所選び

点と点が線になる瞬間があること

ある動画を観て、泣いた。


久しぶりに聞こえてきた声があったから。



さて、どこから話を進めようか。



今、将来に向けてちゃんと生きなきゃいけないって思って、やり始めたことがある。



なかなか、やらない自分をどうにかやる自分に変えるには、結局、他者の言葉に耳を傾ける必要があって、今日、なんとか、その転機を迎えられた。



無意識に出る言葉が実は自分の今後を支配しているってこと、ちゃんと分かった。


思った時点でもうそうしたいって思いがあるってことは、もうそれはやりたくてしょうがないってことに繋がっていく。



だから、それをやる前に、それをやっちゃダメって言うことはできるけど、でも、そのストッパーもなくなれば、結局のところ、やってしまうんだ。




だったら、やっぱり、思うこと=実行することと同じことだってことになる。



人と口論して、殴り合いの喧嘩になったり、そして、人を殺害することがあるのなら、やっぱり、自分の中にある思いの力っていうのは侮れない。



思考と思考がぶつかるってことは、もうそれは、相手を完膚なきまでに殴っていることと同じになる。


だったら、どうしたら良いのか。



考えなきゃ良いし、気付かなきゃ良い。知らなきゃ良いし、知ってしまったなら忘れてしまえば良い。




なくしてしまうことも、大人になって生きる上で必要なことだったんだと、後々になって思う。


時間が経てば経つほど、それがどういう意味だったのか分かるようになってきた。



生きてみるもんだなって思う。やってみるもんだなって思う。



だって、それがなければ、全部、今の場所とは縁が出なかったから。




本当、分からない。人に会ってこそ、見つかることもあれば、見失うものもある。




その時、その感情だった私はどっかに行くし、何度繰り返しても、同じことがあるなんてことない。



だから、幸せなんだなって思う。



黒の黒さが黒ければ黒いほど、白が目立つし、白の白さが輝けば輝くほど、黒が目立つ。



ヤンキーが良いことをしたら、過大評価するけど、優等生が悪いことをしたら、過小評価になるような感じ。





だから、白の白さを保つのは大変なんだよな。



ほんのちょっとでも、汚れたら、泣き叫ぶし、被害者意識になる。




私はこんなにひどい境遇で、こんな目に遭って、本当に最悪だ!なんて、子供のように泣き叫ぶ。




でも、実際、考えてみれば、清廉潔白な人なんていない。

PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R